スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せなこと。

2006年01月15日 00:00

幸せなことがある。

私には最愛の人がいて、その人も私のことを想っていてくれている。

私には大切な友人がいて、その人も私のことを友達だと思ってくれている。

私には尊敬できる親がいて、その人も私のことを不肖の娘と思ってくれている。



当たり前のこと、ではないんだと思う。

とても恵まれていることなんだと思う。



感謝しても、感謝しきれない私には不相応な幸せなこと。






…なのです、うん。

私はすごく今幸せにすごしていると思うわけで。
家に帰れば親がいて。
周りを見れば友達もいて。
ちょっと遠いけれど恋人もいて。

あたりまえ、かもしれないけどこうやって改めてかくと本当に幸せなことだと思います(、、


昨日りんたんから珍しく電話があり、小一時間お話をしたのですが。

りんたんには人一倍幸せになって欲しいって、そう思う人なのです。
私にとって大切な人だからというのもあるし、色々あったからというのもあるけれど、いつか心から笑えて安心して過ごせるような日々が訪れて欲しいと、心から本気でそう思うのです。

泣きたい時に泣けない人だと思いもしたり、怒鳴りたいときに怒鳴れない人だと思ったり。

大人びている、ということはそれだけでもきっと人一倍抱えてしまうんじゃないかなって、心配したりもしています。
子供のままの私とは本当対称的だなって思うのですけど。


私は特に何ができるわけでもないし美人さんでもないけれど、幸せな恋愛をしていることがきっと誰にも負けない自慢できることだと思うのです。
何でも話せて親身になってくれて。
そういう人が一人でもいることが、きっと本当に幸せなことだと思うわけで。
親であれ友達であれ恋人であれ、きっとかけがえのない存在なのですよね(、、

でもやっぱり、その対称によってどうしても『何でも』とはなかなかいかなくて。
親には恋愛のことを相談するのは気が引けてしまうし、友達の間でも”この話はできるこの話はできない”っていうのもあったりして。
そういう意味ではやっぱり恋人が何でも話せる部類に入るのかなって思ったりします。

私がそうだから、とは思わないけれど。
得てしてそういう場合って多いんじゃないかなぁって思うわけです。


それは別としても、やっぱりいて安心できる人っていうのが大きいのかなぁ、とか。
私にとっては何も話さなくても何もしなくても、一緒の空間に居るだけで安心する人っていうのが一番居心地いいのかなぁっていう感じです。
それもやっぱり親友達恋人いろいろいますけど!(笑

でも時間を考えたら最終的にはきっと恋人さんが一番多くの時間を過ごすことになるのですよね。
だからこそ、安心できる人がいいと思います。
安心て書くと変なのかな、リラックスできるっていえばいいのかな…(、、ゞ

そういう人をみんなが見つけられたらいいなぁって思います。
…K子とかは違うのかも知れないけど(笑<Mな友達


うん、何はともあれのんびりと歩いていってください。
躓いても支えてくれるような、そんな人と一緒に歩けたらいいね。


幸せと不幸せがバランスよくできてる、なんてのは信じないけど。
不幸せの方が多いなんてのはもっと信じないから。

辛い思いをした分絶対に幸せになれるものだと私は信じているのです。
でも幸せに頭打ちってないと思うから、気持ちしだいでどこまでも幸せになれる。

だいじょうぶって、心から思える日がくるよ。
絶対にね。



===1月20日筆===
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    さいきんの。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。