スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青空ってすきなのです。

2006年01月14日 00:00

ふと空を見上げて愕然とした

なぜこんなに高いんだろう

なぜあんなに青いんだろう

なぜあんなに大きいんだろう

なぜあんなにやさしいんだろう



全てを受け入れてくれるような力がそこにはあった



ただ見上げただけなのにこの迫力は

ただ手を伸ばしただけなのにこの寂しさは



届かないから憧れて

届かないから切望して



誰も手に入れられないモノだからこそ誰にでも優しい




誰の上にも等しく広がる空は

限りなく青くこの上なく澄んでいる
スポンサーサイト

駄文なのヨー。

2005年12月05日 00:00

自分は不幸だと思ってるやつはきっと世の中に溢れるほどいるだろう

自分は幸せだと思ってるやつはきっと一握りしかいないんだろう



幸せも不幸もそれぞれ違うカタチをしていて

どれもこれも他の人にとっては そんなこと だったりして



それでも人一人を左右するものであることには変わりなく


特別だと感じられることにきっと意味がある




幸多かれ

良くも悪くもそれは己に感覚がある証

幸も不幸も己次第

一行詩。

2005年11月03日 00:00

一行詩というものを鉄板さんから教えていただいて。
なにやらとても素敵な企画だったのでこっそり挑戦、なのですっ。+*ヾ(*´▽`)ノ*+。

追記に増やしていくカタチで残していってみようかなぁって思っています、うんっ。

例:鉄板さんに教えていただいた友人さんの詩
幸せは求めるものではなく、繋いだ手の中で生まれる

すごい綺麗な詩ですよね、鉄板さんのお気に入りの一つだそうですが私もお気に入りに(*´ω`*)

++(11月08日開始)


[一行詩。]の続きを読む


さいきんの。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。